看板の種類・用途

  • 自立看板

    自立看板とは、ポール・タワー・シンボルサインなどの総称。地中から基礎工事をし施工する大型の看板の事を言います。

    主に通り沿いに設置することが多くお客様を誘導などに役立ちます。企業・クリニック・店舗等のシンボル看板としても使用されます。

  • ポール看板

    地下の基礎により設置されている看板です。 比較的高さのある看板に出来るので遠くからでも確認できます。

    独立した看板なので敷地内の建物から離れた場所に設置することで道路への広告にもなります。

    内照式タイプや外商式タイプ等が​あります。

  • ​LED箱文字

    お店の名前やマークなどをステンレスなどの金属で立体に加工した物で、中にLEDを入れると内照式文字・箱の裏側に取りつける事でバックLEDと言った形での使用が可能です。

    ​壁面から立体に出た文字が人目を引きます。

  • LEDサイン

    内照式タイプや外照式、バックLED等 様々な用途で使われ近年の看板で使用する照明の主流となってきてます。 

    色は、白・電球色と選ぶ事ができ、用途によって使い分けが可能です。

  • ウィンドウサイン

    ガラス面に、カッティングシートやインクジェット出力シートで表示する看板です。

    フォグラスシート等を使うと外からの目隠しにも効果的です。

    ウィンドウを使っての広告は、遠くからでも見つけやすいく目を引く方法の一つでもあり、看板のベースがいらないので他の看板に比べ安価で施工することが出来ます。

  • カーマーキング

    車のボディに表示する看板です。

    カッティングシートやインクジェット出力シートを車のボディやガラス面に貼り付けし、動く広告として使用します。

    お店や会社の営業車に施せばランニングコスト無しの宣伝広告活動ができます。

    取り外しが可能なマグネットタイプも製作可能です。

  • 店内サイン

    壁面や天井からの吊下げ等による、商品案内や誘導など、店内で使用される看板になります。

    店内の壁面に直接カッティングシートや、インクジェット出力シート・また立体文字等を取り付けすることが出来るので、壁一面を使ってのグラフィック表示が出来ます。

  • 木看板

    店舗​内のサイン

  • 店内サイン

    壁面や天井からの吊下げ等による、商品案内や誘導など、店内で使用される看板になります。

    店内の壁面に直接カッティングシートや、インクジェット出力シート・また立体文字等を取り付けすることが出来るので、壁一面を使ってのグラフィック表示が出来ます。